本音のほうが面白い。

雑学から商品紹介からライフハックから時事から無駄知識まで。

2週間すべてのインターネット環境から自分を隔離してみて分かったこと

 

f:id:KIRAKu:20191231180557p:plain

どうも、ほんねです。

2週間全てのインターネット環境から離れて生活してみました。

(お仕事の関係上、メールや電話、社内でデータ抽出などは例外としています。)

2週間ネットから離れたら何かしらの気付きがあるのではないか、新しい価値観に目覚めるのではないかという薄めの期待感とともに初めたこの生活ですが、

やはり感じるものはいろいろとありました。余すことなく説明したいと思います。

良かったこと

f:id:KIRAKu:20191231180944j:plain

”とにかく時間の使い方を考えられる”

スマホに依存しているので時間が空いたらすぐスマホの僕でしたが、それができないので自分と向き合って時間の使い方を考えるようになりました。

”何か考えたときに紙を使うようになる”

考えたことをすぐ調べてみたりすることができないので、しっかりと紙に書いて実行するようになりました。

”本を読むようになる”

時間の使い方を考える上で、これまで遠回しにしてきたものとお近づきになりたいという感情を持つようになりました。一番お近づきになりたかったのは本。心を集中させて向き合うことができました

”寝る時間が減る”

一時的なことかもしれませんが、睡眠欲求が減りました。電子機器を使うことは無意識的に疲れが生じていたのでしょうか…

”親のことを考えるようになる”

自分の親も僕に比べたらネット使用時間がグッと少ないので、親はこういうとき何をしているんだろうと考えるようになりました。

”時事情報などを新聞から取り寄せるようになる”

ネットニュースやテレビを見れないので、新聞を読むようになりました。新聞には自分にとって興味のない記事も掲載されているのですが、ついつい見てしまいました。いろいろなことに興味が沸くようになりました。

 

良くなかったこと

f:id:KIRAKu:20191231181014j:plain

”世間の波に乗れない”

ゴシップに疎くなります。誰が結婚したとか何が発売されたとかそういった情報を仕入れるのが新聞や人からだけになり、非常に疎くなります。ゴシップをガソリンとして動いている人が多いので(若者に多いです)話に乗れないことがあります。ですが人から情報を得るというのも良いものですね、日常の会話に活力が生まれたりしますよ。

”そりゃまあ不便”

そりゃまあ不便です。知ってました。ですが自分なりの縛りとして、ネットがないことによる不便を、ネットを使える他の人に解決してもらうことはしないようにしていました。調べ物などなかなかできませんし、例えば仕事上のことであれば人に聞くしか方法がありません。会話をするきっかけが増えたという部分ではとても良かったと感じています。

まとめ

気になる人にはやってみてほしい!!

今までどれだけネットに依存していたか、ネットがない環境に自分を置くことによって良い意味で思い知ることができます。これまで考えていなかったことに気がついたり、遠方にいる家族に思いを馳せたり、家族や友達と話す時間が増えたり、良い意味で変化することが出来ると思います。

ネット中心の生活では自分が考える時間仕事上使わないと話にならないという人だったら、仕事上以外の全てのネット環境を排除してみたりするという方法で代用してみても良いかもしれません。

 

それでは!

 

モンクレールやカナダグースに代わるハイスペック高コスパのダウンジャケットはこれだ!

 

f:id:KIRAKu:20191230094534p:plain

ほんねです。

日本人の特徴なのかもしれませんが、海外の人に比べてハイブランド品を所有したがる人が多いなぁ〜と感じます。

高校生の頃からルイヴィトンのカバンを持ってみたり、生活を切り詰めて100万円越えのロレックスを買ったり、年収の倍の売値のレクサスに乗ったり。

決して悪いこととは思いませんが、身の丈に合った生活をすることのほうが大事だと思います。

もちろんほしいブランド品があって、それを頑張ってお金を貯めて買うということはモチベーションにも繋がりますしとても良いことだと思います。

ですが生活を切り詰めたり借金をしてまで買うものではない!

 

 

という気持ちは置いといて、

今回はモンクレールやカナダグースなどの超ハイスペックダウンではなくても

日本で使用するのであれば十分な性能を持つハイスペック高コスパダウンを紹介したいと思います。

 

THE NORTH FACE

f:id:KIRAKu:20191230100353p:plain

スポーツブランドで若者からシニア層まで安定した人気のあるノースフェイスはダウンも一流。

特に毎冬発売されるバルトロライトジャケットは即完売の超人気商品です。

 全体的にスポーツ色が強くラグジュアリー感を出すのは難しいですが、

耐久性も強くガシガシ使っても壊れない、とてもコスパの高いダウンです。

 

WOOLRICH

f:id:KIRAKu:20191230100536p:plain

古参のアウトドアブランドで、最近はハイスペックのダウンにシフトしてきています。

カナダグースやモンクレール程高くはなく、性能は劣らず、デザインも高級感にあふれています。男女共におすすめのブランドです。

アークティックパーカが最近人気ですね。。

 

f:id:KIRAKu:20191230195753p:plain

 

ファーストダウン

f:id:KIRAKu:20191230201014p:plain

FIRST DOWNは1980年代にアメリカで誕生したダウンジャケットブランド。

90年代のニューヨークにおいてストリートを中心に人気を博し、現在は日本のアパレルメーカー「水甚」が製造販売を行っているブランドです。

他のブランドに比べて鬼のように安いので、あまりお金をかけたくない方におすすめ。

 

まとめ

ハイブランド以外にもデザイン性が高くてスペックの高いダウンはたくさんあります。

お値段の張る良いものを1着買って着続けるのも良いですが、コスパに優れたダウンを何着か所有するのも良いものではないでしょうか。

ぜひ参考にしていただければ幸いです。それでは!

 

良かったらこちらもどうぞ〜

 

実際のところはカラーサングラスはダサいの?

 

f:id:KIRAKu:20191228172757p:plain

どうもほんねです。

最近よく芸能人がしているけど賛否両論あるカラーサングラスについてお話ししたいと思います。

カラーサングラスとはイメージで言うとHIKAKINさんや関ジャニ∞の安田さんなどが掛けている、目が見える程度に色のついているクリアレンズのサングラスのことです。

 

f:id:KIRAKu:20191228165922j:plain

↑  ハイブランドを着こなしまくるヒカキンさん。似合ってます。

f:id:KIRAKu:20191228171347p:plain

↑  ワイルドなお兄さんにシフトチェンジした関ジャニ∞の安田様

 

掛ける人によって僕はカラーサングラスがダサイとは全く思いません。

むしろ今のご時世でティアドロップのサングラスとかスポーツグラスに近いようなサングラスを押された代用する方が時代に合ってないんじゃないかなぁと僕は思います。

(もちろん似合う方もたくさんいらっしゃいますしとても良いと思います。)

 

f:id:KIRAKu:20191228165232j:plain

↑ 個性的なサングラスを使いこなすYOSHIKI様

 

とはいえカラーサングラスは人によって似合う似合わないがすごい歴然とするためとても注意が必要な商品ではあります。

f:id:KIRAKu:20191228163225j:plain

 ↑ サングラス界のトップに君臨する(僕調べ)ジョニーデップ様

 

こういったサングラスなどは雰囲気を見てインターネットで購入するのではなく、実際にいちど試着してから購入することを強くお勧めします。

自分の感覚とものすごい差が出るのがサングラスと言うものなので気をつけてください。(サングラスもだけどネクタイもそういう節あるよね?)

 

それでは!

 

 

今更ながら、恥ずかしながら、マイインターンを鑑賞しました。

 

f:id:KIRAKu:20191222200552p:plain

どうもほんねです。

あの名作と名高い”マイ・インターン”をやっと視聴しました。

(英語版ではTHE INTERNですね。)

まだ見てないの?早く見た方がいいよ?馬鹿なの?と何度も何度も背中を押されやっと観賞することができました。 観てないのは馬鹿でした。

2015年の映画ですしもう見てる人の方が多いような気がしますが、

まだ見てないニッチな需要のために、観た人に共感してもらいたいがために、そして自分の備忘録として感想を挙げます。

ちょびっとネタバレありのため注意してください。

感想

とにかくアン・ハサウェイとロバートデニーロの掛け合いが素敵で、

現代社会にて働く人たちが本当に忘れてはいけないことを70歳でインターンとして入社してきたロバートデニーロが教えてくれます。

2時間ほどの映画ですがその間で初対面だった2人の距離がどんどん縮まっていく様は全く違和感なくすごくきれいな時間軸が流れていて、演出も完璧。

主演の2人の演技力も素晴らしいものではありますが映画の雰囲気といい、

軽い気持ちで見ることが出来るのにしっかりと作り込まれたストーリー

が1番の魅力だと感じました。

ここ最近の映画はスピード感が重視されていたり、いかに爆発させるか、かっこよく見せるかみたいなところに焦点を合わせていたりすることが多いのですが、(もちろんそういうの僕は大好きですが…)

この映画はまさに昔からの心のあり方であったり、本当にかっこいい人とはどういうものなのか、とりあえず格好つけているそこらへんの若者に背負い投げを喰らわせてくるような、ある意味とても革新的な映画なのではないかと感じました。

最後の太極拳をするシーンが、

30代の女社長と70歳のインターンの真の友情を感じることができてとっても印象的な映画でした。

まとめ

世代や性別問わずおすすめできる素敵な映画です。

何事も楽しんで、何事も余裕を持って生きることが大切で、人生においてユーモアってとても大事だなぁと気づかせていただきました。ありがとうベン!(デニーロ!)

かっこつけることばかり考えて鏡の前で何分も髪をいじっちゃう系男子にぜひ観てもらい、本物のかっこよさを身につけてほしいですね。

そして男性諸君、お仕事にはハンカチは必須ですよ!

 

f:id:KIRAKu:20191222201552p:plain

デニーロかっけぇ・・・ 

 

 

マイ・インターン(吹替版)

マイ・インターン(吹替版)

  • 発売日: 2015/12/07
  • メディア: Prime Video
 
マイ・インターン(字幕版)

マイ・インターン(字幕版)

  • 発売日: 2016/01/13
  • メディア: Prime Video
 
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

モテたいなら車の運転を上達させろ!

 

f:id:KIRAKu:20191101000041j:plain

どうもほんねです。

たまに開催するモテたいシリーズです。

これまで何点かに分けて紹介してきたモテるための善行ですが、さらに隙をなくして無敵に近づいてしまいましょう。

 

これまでのモテたい系記事はこちら↓

 

現代の日本では車の普及率は高いものの所有率が年々下がっており車を持たない人が増えてきました。

でもなんだかんだ車に乗る機会が完全になくなることはないですし、必要になる機会は多いです。

例えば好きな人とデートするとしましょう。

電車に乗ったりバスに乗ってでも良いかもしれませんが、車で旅行に行ったり、海に行ったり車を使う機会は多いです。

さらに、実は車と言うのは異性と特別な感情なしに異性と2人きりになれる絶好のスポットであり、それこそ意中の女性と関係を縮めるチャンスとなり得る場所なのです。

いざ運転をしたときにめちゃくちゃ運転が下手だと女性は車酔いしてしまったり、それだけで仕事ができない人だとみなされてしまうかもしれません。

よく運転は人の性格を表すとも言いますし、女性。

マイナス的側面ばかり話したのでじゃあ車に乗ってもいいことないじゃんと思いがちですが、このマイナス部分って裏を返せばプラスにもなるわけです。

あなたの服装や性格、行い以外で「運転をしている姿かっこいい!素敵!」と思わせることができます。

さらに運転というものは練習することで技術が向上するものなので外見や服装のセンスなどのようにハンディキャップがあるものとは違います。

だから僕は車の運転技術を向上させること=モテへの近道と捉えています。

運転技術を上達させるといってもプロのレーシングドライバーみたいにコーナーをギリギリ責めたり頭文字Dの藤原拓海みたいに溝落としを使ったりそういう奇怪なことではなくて、単純に乗っていて安心を与えることができるような運転のことをいいます。

f:id:KIRAKu:20191101001610j:plain

藤原拓海はめちゃかっこいいけどね…

引用:https://response.jp/article/img/2014/02/06/216585/656642.html



是非丁寧な運転を心がけて、女性の心を掴んでくださいね!

 

運転テクニックおさらいBOOK 新版

運転テクニックおさらいBOOK 新版