本音のほうが面白い。

雑学から商品紹介からライフハックから時事から無駄知識まで。

クルーズ旅行って実は新婚旅行の最適解なんじゃないだろうか。

 

どうも、ほんねです。

 

今回はものすごくお金がかかりそうで実はそこまでかからない、

7泊10日のクルーズツアーに実際に行ってみて

良かったこと、悪かったことをお話しします。

今回はスペインのバルセロナまで飛行機で移動し、そこから船に乗り込み

イタリアフランスを周遊する優雅なツアーでした。

使わせてもらった旅行会社はHISの系列会社であるクルーズプラネットさんです。

乗った船の名前はノルウェージャンエピックという船でした。でっかい。。。

f:id:KIRAKu:20190509205810p:plain


新婚旅行で海外に行く人は多いですが、

なかなかクルーズという選択肢は出てこないかと思います。

僕も最初はハワイとかありがちな新婚旅行を考えていたのですが、

ハワイってもしかしたら今回以外にも行く機会あるのかも?

という考えがふと頭よぎり、

タイミングよくクルーズプラネットのパンフレットを見つけ、

一生に一回行けるか行けないかであろうクルーズを選択するに至りました。

ここからはクルーズを選んでよかったところ、悪かったところを簡単に説明します。

良かったところ

・荷物の移動がないからめちゃくちゃ楽。

(電車やタクシーなど使わなくても行きたい目的地に連れて行ってくれる。)

(空港に着いたらすぐにバスで港まで移動するのでキャリーケースはほぼ触りません)

・国から国へ移動するときに手続きなど何も必要なく朝起きたら次の国についている。

(船での移動は特別に大掛かりな入国検査などはありません)

・朝焼け、夕日など非日常的な船上と言う空間から楽しむことができる。

  (毎日ロマンチックを味わえます)

・ずっと同じ部屋なので当たり外れがない。

・海外旅行で大変な移動時間を船内でアクティビティーを行ったりおいしいご飯を

 食べながら過ごすことができる。

・クルーズを選択する人がまだまだ少ないので、優越感に浸れる

・船の中には何店舗も無料レストランがあり、毎日違ったメニューを楽しめる。

  (基本的に朝と夜は船でのご飯です。屋上はビュッフェスタイルで毎日テーマが違い

   ますので違うご飯を海を見ながら楽しむことができます。)

 

良くなかったところ

・1日だけで揺れが気になった日があった。

 (イタリア近海でけが人が出るほどの大嵐に見舞われ、立てないほどではないものの

 震度3から4ほどの地震が1時間ほど続いた日がありました)

・ルームキーパーとコミュニケーションを取る必要がある。

 (今日は清掃しないでくれとかシーツを変えてくれとか)

 (ツアーではなく直接予約してしまうと現地のコーディネーターなどの助けなく

 ルールもいまいちわからない中で過ごさなければいけない。

 一気に難易度が上がるので旅行会社を通してツアーという形で申し込むべき。)

 

まとめ

正直、僕の感想としては新婚旅行もしくは

定年後のゆったりとした旅行としてめちゃくちゃ良いなと思いました。

全然疲れない、トラブルに巻き込まれることがほぼ無い旅行で、

あまり海外に行き慣れてない人にこそオススメできる非常にオススメの旅でした。

行きと帰りの飛行機は結構疲れました。。。

乗り換え込みで片道17時間くらい飛行機に乗っていたので。。。

 

前述もしましたが、実は今回の旅で大嵐がありローマに着港できないという

トラブルがありましたが、ツアーが実施できなかった分の返金手配もしていただき、

とても親切なツアー会社さんだなと感じました。

ツアー会社さんは高いツアーをおすすめしてくるイメージが強かったのですが、

今回の件でだいぶ推したくなりました。株買おうかな。

 

定年後なりフレックス休暇なりで10日間ほどの連休が取れた際には

また絶対に申し込みたいと感じました。

今回の旅でかかった費用は、クルーズに関しては一人約40万円程度でした。

朝、晩御飯やツアーのバスなどすべてコミコミでこの値段なので

実際にかかったお金はこれとお土産代、お昼代くらいです。

普通の海外旅行よりは少し高そうに見えますが、

毎日3食のご飯や移動費など考えると同じくらいになるのではないかなと思います。

僕はこれまでの旅行の経験から、いろんな予定を詰め込む旅行より

優雅にそこにいる時間を楽しむ旅行の方が満足感が高いと感じていたので、

無理して毎日夜更かしして楽しむ旅行ではなく、

21時くらいまで海風にあたりながら美味しいお酒を飲み、

ゆっくり寝て着港と共に起きるこの生活は非日常感もありとても満足でした。

 

もしご質問などございましたら是非是非お待ちしております。