本音のほうが面白い。

雑学から商品紹介からライフハックから時事から無駄知識まで。

この辛すすぎる花粉症をどうにか楽にするためにやるべきこと

 

f:id:KIRAKu:20180320230120p:plain

 

 

どうも!ほんねです。

僕にとって春は出会いや別れの季節というよりも、

花粉のストレスを受ける「我慢の季節」と言っても過言ではありませんでした。

 きれいな桜すら恨めしいこの季節、花粉症から脱却する術をまとめました。


マスク


マスクは必須ですね。
とりあえずの安いマスクを使っても特に問題はありません。ですが頻繁にマスクを使う人でなければマスクをつけることによって耳が痛くなってしまったりすることが考えられます。
そういう時はこれがおすすめ。

ピッタマスク(PITTA MASK) 3枚入

ピッタマスク(PITTA MASK) 3枚入

 

 クッション系の素材で出来ており耳が痛くならない、また洗って何度も使えるため

実質コスパが高いです。

お近くに薬局がある方はそこにも売っているかと思われますので、ぜひ素材をチェックしてみてください!



注射


必殺の病院での注射です。

やはり1番効果があります。

ちなみに病院で受けられる注射にも3種類あり、

・即効性があり2ヶ月ほど効くもの、

・根本的に花粉に強くなるもの、

・副作用などなく軽いが何度か注射を続けなければいけないもの

ざっくり3種類あります。

自分がどれほど重い花粉症か知ることができるので軽い気持ちで受診してみましょう。


目薬(花粉用)


花粉アレルギー用の目薬を購入しましょう。

普段使っている目薬とは内容成分が違います。

寝る前や起きて顔を洗った後に人差しするだけでストレスがだいぶ減ります。

デメリットは、目にしか効かないことです。(真顔)

サンテALクールが結構よかったです。

 

【第2類医薬品】サンテALクールII 15mL

【第2類医薬品】サンテALクールII 15mL

 

 

 
空気清浄機


家にいるときには、空気清浄機を使いましょう。

僕はこれのおかげで24時間マスク生活から解放されました。

部屋での生活はもちろんのこと、

寝ているときにマスクをしないで良くなったのは革命です。感動です。

値段の相場は15000円以上のものを買えば大体元は取れます。

また、使う部屋の大きさに見合った空気清浄機を購入することがとても大事なので、

注意してくださいね。

トイレと風呂に行くとき以外は無敵になります。

おすすめはやはりSHARP

海外でバカ売れでアメトーークでも紹介されたブルーエアも載せておきます。

 


お薬(市販)


これまた僕の花粉症がひどいせいかもしれませんが

効き目をしっかりと感じた薬があまりありませんでした。。。

くしゃみ、鼻水用と、鼻詰まり用の2種類があり、

花粉症が酷くなる前に服用すること、

朝晩にかいに分けて飲むことが重要だそうですが、

僕にはあまり効果はなかったように思います。

そんな中巷のうわさで買い付け、効き目が強いと感じたのがタイの嗅ぎ薬のヤーバム。

これほんとに効ききます。評価も良さそう。


鼻の痒みがほんとに止まりますが、

鼻水が止まるわけではありませんでした。(人によって違いはあるかもですが。)

鼻のムズムズは止まって爽快感もあります。

ストレス軽減には大きく効果がありますね。

 

まとめ


花粉症は本当に馬鹿にならない辛さがあります。

僕がお勧めするのはやはり病院です。

高くても3,000円ほどで受診できますし、

自分の花粉症の重さが分かったり効く薬、効く方法を相談できる場でもあります。

日常生活に支障が出てしまっている人はもちろん、

あれこれ花粉症かな?と思った方も積極的に

お医者さんを受診することをお勧めします。