本音のほうが面白い。

雑学から商品紹介からライフハックから時事から無駄知識まで。

僕の辿った恥ずかしすぎるファッション変遷をここに綴る(反面教師推奨)

 

f:id:KIRAKu:20171113231014j:plain



こんばんは、ほんねです。

男性、女性に関わらず早い人だと小学生くらいからおしゃれに興味を持つようになります。

おしゃれに興味を持ったからといっていきなりおしゃれができるわけではなく、

やはり試行錯誤を繰り返しね徐々にセンスが磨かれていく感じですよね。

今回は僕の過去のファッションを思い出しながら綴ってみます。

(ぼくの場合)

小学生

 

はじめて親が買ってきた洋服を拒む。修学旅行のお土産で売っている龍のキーホルダーとかに影響されて、龍とかたくさんのイラスト付きの洋服を欲しがる。タウンアンドカントリーは神だった。

 

f:id:KIRAKu:20171114001010j:plain

中学生

 

基本的に制服で部活も野球部だったためあまり私服を着る機会がない。たまにしか着れない私服というものに価値を見出し、少数持つようになる。だぼだぼのストリート廉価ブランドや、同年代の不良が使っていたベロアのパーカーなどをチョイスしはじめる。制服のベルトは穴だらけのやつをチョイス。(ダブルハトメベルトというらしい。初めて知った。)

 

 

高校生

 

思春期真っ盛り。制服のベルトの穴は落ち着き、茶色いベルトと茶色いローファーで他の生徒との違いを思春期なりにアピール。ネクタイも楽天で買っちゃう。これが初めての楽天でのお買い物。私服では流行りはじめたショート丈のPコートや、フェイクベルトのジーンズなど履き始める。ティンバーランドのブーツへの派生はせず、チェック柄のジーンズも選ばなかったのが救いといえる。このころにファッション雑誌を読み込む。ピアスをしたかったけどビビリなのでイヤリングをして馬鹿にされる。思春期にはつらい。

 

大学生

 

周りの人が圧倒的におしゃれになり、さらに毎日私服のため本格的に勉強しはじめる。序盤は古着を活用しようと思い奇抜な格好をしていた。サルエルパンツとかメルシーボークーみたいな格好。原宿でストリートスナップされ、自分のファッションは全国的にイケてると錯覚する。
バイト先の女の子にファッションを指摘され、路線変更。スキニージーンズに大きめのシャツ、編み込みの古着のニット、その上に膝丈のロングコートを着たりするようになる。腕時計はNIXONを経由してTIMEXに。トレジャーファクトリースタイル、ドンドンダウンなどで掘り出し物のブランドを探すようになり、本格的に趣味が洋服探しになる。3年生の頃に帽子にはまり、シュプリーム のキャップを4つ買ったり身の丈に合わない生活をする。昼ごはんを学食からコンビニに変更するほどの金銭難に陥る。

 

 

社会人

 

基本的にスーツのため、スーツ記事やシャツとか靴下にこだわるようになる。大学の就活でAOKIは卒業。シャツも鎌倉シャツとかコスパの良い良品質なものを使いはじめる。靴はスコッチグレインや、チャーチなど。時計はハミルトンやジンなどを使う。お金に余裕があるといいものを買ってしまうのは悪い癖。

 

 

 

現在

 

基本的に小物類や仕事で使う洋服など小物類や仕事で使う洋服などが揃っているため着回しのしやすいシンプルな洋服を買い、落ち着いたファッションになってきた。昔買ったシュプリームのキャップなども使っている。古着屋さんでドメスティックブランドのシャツなどを買い、着たりもする。金持ち感が出てしまうモンクレーのダウンなどは基本的に着ないスタンス。コムデギャルソンの店員さんをすごく落ち着かせたみたいな格好をして生きている。昔使っていたそれなりにハイブランドの洋服はフリルとかヤフオクで売り払った。


おしゃれのセンスと言うのは本当に自分が熱を持っていないと磨かれないもので、何度も失敗を繰り返して自分の洋服スタイルを確立させていくのがファッションの醍醐味であると感じています。

周りの目を気にするのは最低限にして、自分がしたい服装で楽しむのがおすすめですね。