9月9日建国記念日の北朝鮮と米国の全面戦争が起こる可能性(9/9更新)

f:id:KIRAKu:20170425224114j:plain

 


先日書き記した、なぜ北朝鮮があんなに怒っているのかの記事のようにより簡素化された情報をお伝えできればと思います。

先日の記事はこちら

ニュースでもよくやっていますが、9月9日は太陽フレアの影響で電磁的に問題が出る可能性があります。
要するに太陽が小規模の爆発を起こして、そのせいで衛生であったりGPS関連の障害が出る可能性があるということ。
北朝鮮のミサイルは当然のことながらGPSなどがないと追跡出来ないわけで、このタイミングでミサイルを飛ばしても予測地点に着弾するかが分からないわけです。だって経験したことないんだから。

北朝鮮建国記念日に当てて、式典最中の要人が集まっているところに空爆で先制攻撃をする(巷でXデーと騒がれている)とトランプ大統領が安倍首相に電話で話した、という記事が出ていますが、これはオフィシャルの情報ではありませんし、鵜呑みにするべきではありません。

例えばアメリカが北朝鮮空爆したとして、アメリカ側に全く被害が出ない可能性はとても低く、更には北朝鮮の隣国である韓国にたくさんのアメリカ人が住んでいます。アメリカと韓国は北朝鮮を敵国と認識して合同軍事演習を繰り返してきましたし、もし戦争となったら北朝鮮の標的の中に韓国は必ず存在するため、韓国の被害は避けられません。そうなる場合を仮定して韓国に住むアメリカ人を強制退去させていてもおかしくないはずなのです。退去ををさせていない現実もあり、このタイミングでアメリカが北朝鮮空爆する可能性は低いと考えます。

とはいえ、その可能性もあることには変わりありませんので、注意は必要です。

北朝鮮は軍事力を国交の材料として諸外国からの支援を受け続けてきました。
その北朝鮮も今や核兵器保有し、長距離ミサイルも保有する危険な国となってしまいました。

もし戦争が開戦したとして、私たち日本に住んでいる人々が安全である保証など必ずしもありません。米軍基地はアメリカにも所々点在していますし、それだけでなく北朝鮮は日本人は標的と度々発言しています。

知識を持ち備えて生活していくことが今私たちが取れる最良の手段なのではないかと思います。