読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

番狂わせ!大統領選でトランプ勝利による日本への影響(トランプ・リスク)を誰にでも分かるように説明する

ライフスタイル すすめ 日記

 

f:id:KIRAKu:20161109154454j:plain

大統領選挙。正直なんだかよくわかんないけど、トランプは日本のこと悪く言ってるしクリントンになったらいいなぁ~って思ってたのにトランプか。。っていう人は結構多いと思う。

 

そういう人のためにできるだけ分かりやすく記事を書いてみた。

 

クリントン

クリントン氏の政策としては、簡単に言うと結構なレベルでオバマに習え。(オバマクリントンに投票したよ!)関西を安くするためのTPPには反対しているものの、全てに関して慎重に考えアメリカと他の国との関係性を重視するというのが大枠だった。実際どの演説でも大統領らしさはあったが何をやると言う政策がしっかりあるわけではなく、とにかくみんな電話合わせて良い世界を築いていこうという平和的な主張が目立った。

 

トランプ氏

トランプ氏は大国であるアメリカと小国との関わりを薄くする。アメリカは自分たちで守るし強くなるからから他の国の人たちは出ていって!特に不法にアメリカにいる人達は全員返させるよ!外交関係より利益を取って、アメリカをもっと強い国にして、自分の国の人たちを幸せにするよ!という感じ。日米安全保障条約はアメリカにとってあんまりプラスではないから日本に駐留しているアメリカ群を撤退させよう!角を持つのもありだし自分たちで自分の身を守ってくれ!というような政策。

なんとも泥臭くわかりやすく、300万ドル以上年間に稼いでいないアメリカ人の所得税を無くすと公言しているし、低所得者層に対して優遇的な措置を取ると公表しているため、格差社会の大きいアメリカでは大きな票となった。

私的には掲げている政策が大規模のものすぎて全てを実現できるとは思えない(もともと実現する気は無いのかもしれないが)。


両方とも見るとをクリントンの方が聞こえは良いが、どちらにせよー日本にとって大きなメリットとなる事は今までの両者の話の中からは見出せない。ただトランプ氏においては日本への規律をきつくするって明言しちゃってるのでこれはどうも日本人にとって嬉しい結果とは言えないだろう。

 

広告を非表示にする