読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パチンコ依存症になり、借金が肥大化して燃えるゴミになりそうになった僕が脱出した話

スロット パチスロ パチンコ ライフスタイル 娯楽

 

f:id:KIRAKu:20160410153008j:plain

こんばんは。

僕はパチンコ依存症になり借金がどんどん膨れ上がったことがあります。


大学生の頃でした。


その頃の僕は憧れた東京で一人暮らしを始め、毎日の家賃、光熱費など出費の多い中うまくやりくりをしようとしていました。


でも暇だったんです。近くには優良店て言われるパチンコ店があり、休日があれば朝起きてパチンコ店に直行。そんな毎日が続いていました。


毎週そんなことを続けていると、どんどんお金もなくなるわけで。


その頃は特に大切なものもなく、毎日を流れで過ごしていたので、お金を借りることに躊躇はありませんでした。


最初はJRの回数券をクレジットカードで購入し、質屋で売却。購入分はリボ払いに回して毎月5000円ずつ返していました。


気づいたらカードの上限はすぐそこに。


悩みましたが、普通の暮らしをするために必要不可欠だったため、もう一つクレジットカードを契約しました。


そこからキャッシングを覚え、あっという間にキャッシングの上限に到達。


何気なくネットサーフィンをしているときに、不安はやってきました。

「キャッシングやリボの借金で自己破産」

こんな記事がたまたま僕の目に飛び込んできました。


気になって読んでみると、さながら僕のストーリー。そのまま借金が膨れ上がって行き、苦しい思いをしている人が増えていると。


「依存症は病気です。医者にかかってしっかり治しましょう。」

 

そんな文面に、僕はとても気が重くなりました。


そこで僕がとった方法。
・キャッシュカードはたとえ旅行、出張であっても家に置いておく
・借金をしていても定期預金をはじめる
・これまで疎遠だったような友達に片っ端から声をかけ、毎日のように飲みに行く
・自分の負債の見える化をして、現実から逃れられないようにする
・ランニング、PC系等のお金のかからない趣味を作る


自分を追い込まない限り際はどんどん膨らんで返せない額になってしまいます。
周りの人をあてにせず、自分の力で乗り越えていくべき。

病院に通うという手段もありますが、なかなか気が重いもの。

依存症であっても絶対に治せます。自分に厳しく。甘くしたらツケがきますよ。

広告を非表示にする